【トルコ旅行】パムッカレは日帰りでOK!パラグライダーで石灰棚の上を飛ぶ!

トルコ

こんにちは、まーちゃんです。
2019年夏、お盆休みを利用してトルコ・パムッカレへと行ってきました。

石灰棚のあるパムッカレは主要観光スポットが1か所に集まっており、日帰り観光が可能!
(少し朝早くの出発にはなりますが。。。)

日帰りでもパラグライダーなどのアクティビティにトライすることもできます!

実際にイスタンブールから日帰りで行ってみたので紹介します。

パムッカレ 石灰棚

イスタンブールからパムッカレへ。日帰りなら飛行機で!

パムッカレはトルコ西部のデニズリ県というところに位置する大きな石灰棚で、
その一番上にある古代ローマの遺跡「ヒエラポリス」とともに世界遺産に登録されています。

温泉が湧き出ており、実際に入浴することもできます!

イスタンブールからパムッカレへのアクセスについて。
夜行バスも出ているのですが、10~12時間とかなり時間がかかります。

なので日帰り観光するためには、飛行機でアクセスするのがオススメです。

最寄りの空港はデニズリ・カルダック空港で、空港からパムッカレへはシャトルバスで移動します。
イスタンブール新空港、サビハ・ギョクチェン空港のどちらからもアクセスできます(1日2~3便)。

今回はサビハ・ギョクチェン空港を利用し、以下のようなスケジュールで行ってきました。

4:00 ホテル(旧市街)からタクシム広場へタクシーで移動。

5:00 タクシム広場からバスで空港へ

8:20 サビハ・ギョクチェン空港 発

9:25 デニズリ・カルダック空港 着

10:00 シャトルバスでパムッカレへ。

11:00~16:30 パムッカレ観光

18:35 デニズリ ・カルダック 空港 発

19:40 サビハ・ギョクチェン空港 着

サビハ・ギョクチェン空港への移動について

サビハ・ギョクチェン空港はイスタンブールのアジア側に位置しています。

アクセス方法としてはバス or タクシー。タクシーは高くなるので、今回はバスで向かいます。

バスの名前は「HAVABUS」といい、新市街のタクシム広場から空港まで直通で運行しています。
(※旧市街から直通のバスはありません!)

深夜2時台を除き、ほぼ24時間運行しているようです。
公式サイトに時刻表が載っています。)

バス乗り場は以下の地図のあたりになります。

私は旧市街のホテルに滞在していたため、バス乗り場まではホテルスタッフに手配してもらったタクシーで移動しました。

トラム「Kabatas」駅から15分ほど歩いていくことも可能なようですが、
早朝だったのでまだ動いていませんでした。。。

タクシム広場からは1時間ほどで空港に到着します。
昼間であれば渋滞等でもう少しかかるのかもしれません。

飛行機、バスを乗り継ぎパムッカレへ

飛行機はスカイスキャナーでターキッシュエアラインズを予約したはずでしたが、チケットには「ANADOLU JET」(アナドルジェット)という記載が。

調べると、アナドルジェットはターキッシュエアラインズの子会社LCCのようです。

ANADORU JET
ANADORU JET 機内食
LCCながら軽食が出ます。あなどれない!

1時間ほどでデニズリ・カルダック空港に到着。

小さい空港で、外に出るとパムッカレまでの直通バスが待機していたのでこれに乗車。

デニズリ・カルダック空港

バスは1時間ほど走り、ツアー会社の事務所前に到着しました。
↓このあたりです。

パラグライダーで石灰棚や遺跡の上を飛行!

今回はバスを降りた目の前にあるツアー会社でパラグライダーを予約しました。

料金は80ユーロほど。GoProでの撮影オプションが別料金で50ユーロでした。高い。。。
探せばほかにもっと安いツアー会社があったのかもしれませんが、
あまり時間は無かったため渋々支払いました。

有料ですが荷物預かりものサービスもあります。

予約して15分ほどでピックアップの車が到着。高台に向けて走っていきます。

パムッカレ パラグライダー①
フライトはここから出発します。

準備が終わるとすぐに離陸!飛び方など説明なくいきなり始まるので焦りました。。。

飛んでしまえばガイドが操作してくれるので、GoProで撮影したり、風景を楽しむだけでOK!

パムッカレ パラグライダー②
一緒に飛んでくれたおじさん。

下にいる人たちに手を振ると気づいて振り返してくれます。

10分程度のフライトでしたが、かなり楽しめました!

ヒエラポリス遺跡のローマ劇場へ!

パラグライダーのあとは、いよいよ自分の足で観光!

下から石灰棚を登っていく入り口と、上から降りて行く入り口があります。徒歩では下の入り口しか遠すぎて行けませんが、今回はガイドが車で上の入り口まで送迎してくれました。

パラグライダーのツアーにはこの入口までの送迎もセットになっているようです。

パムッカレ ヒエラポリス

入場料を支払い、中に入ります。

石灰棚に行く前にまずヒエラポリスの古代遺跡が姿を現します。

少し歩きますが、ローマ劇場の遺跡に行ってみました。

ヒエラポリス ローマ劇場

このほかにも遺跡はあるのですが、暑すぎてとても歩く気にはならず断念。

石灰棚の方へ向かうことにしました。

温泉に入浴!温度はかなりぬるめ。

石灰棚の手前には大きな温泉があります。

さらに追加で入場料がかかりますが、せっかくなので入ってみました!
(水着は持参しましょう)

パムッカレ 温泉

一見プールに見えますが、温泉です。中には遺跡?と思われる、
石柱のようなものが転がっていました!
温度はかなりぬるめです。

気温がとても高いので、ぬるくてものぼせます。
温泉よりもプールに入りたい気分になりました。。。

石灰棚は水が枯渇?想像とはかけ離れた光景。。。

温泉の後は、いよいよ石灰棚に向かいます。

温泉を出てすぐ石灰棚ゾーンが始まります!

パムッカレ 石灰棚②

ここからは石灰棚保護のため、靴はNGです。

靴は持ち歩かないといけないので、ビニール袋などを持参しましょう。

石灰棚はデコボコしていてかなり足が痛くなります。。。

パムッカレ 石灰棚③

それにしても、事前に調べていた景色よりも水が少ない、、というか無い!

↑こんな感じの景色を想像していましたが、
近年のホテル建設で温泉が引かれ、水が枯渇しているそうです。

人だけが多く、少し残念な感じ。。。

しかし一部は水があり、入ることが出来ました。

パムッカレ 石灰棚④

人が多いので”インスタ映え”する写真を撮るのは中々難しそうですね。

人混みの中を降りて行き、出口に到着しました。

これにてパムッカレの観光は終了です。日帰りで十分観光できました。

その後、デニズリ・カルダック空港までバスで向かい、イスタンブールへと戻りました。
(ここからさらに飛行機でカッパドキアへと移動しました。
深夜に到着しましたが、さすがにハードすぎたのでおすすめしません。。。)

ANADORU JET②

水が少なくなっているパムッカレですが、ヒエラポリスやパラグライダーなど、
楽しめるスポットがいくつもあるので、完全に水が無くなってしまう前に行ってみることをおすすめします!

とても暑いので水分補給は忘れずに!

以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント