【プライオリティパス・銀聯カードも作れる】MUFGプラチナアメックスカードを発行しました

海外旅行

「プラチナカード」と聞くとお金持ちが持つようなイメージで、一般的な会社員には少しハードルが高いような気がしますが、年会費がそれほど高くなく、かつサービスの充実したプラチナカードがあります。

それが、三菱UFJニコスが発行している「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 」(以下、MUFGプラチナアメックスとします)です。

年会費は20,000円(税抜)。インビテーションなしで申し込み可能。

プラチナカードの年会費といえば、アメックスプラチナ(\130,000)、三井住友プラチナ(\50,000)など、軒並み高額な年会費ですが、

MUFGプラチナアメックスの年会費は20,000円(税抜)と比較的安価。しかもよくあるカードのインビテーションが届かなければ発行できない、というわけではなく、安定した収入があればだれでも申し込むことが可能です。

実際、社会人2年目で年収も450万ほどの私も申し込みが可能でしたし、審査も問題なく通りました。

プライオリティ・パスが無料発行可能

海外旅行では必須?プライオリティ・パスとは

プライオリティ・パスは、世界140か国、1300以上の空港ラウンジを使用できる会員サービスです。

空港ラウンジでは、軽食やドリンクが無料で用意されていて、長い空港での待ち時間を有意義なものにしてくれます。中にはシャワールームが完備されている空港もあり、海外旅行や出張で海外に行かれる方にはぜひ利用したいサービスです。

たとえばタイのドンムアン空港。この空港は一般客の待合が狭く、長時間の待機は非常に苦痛なものですが、プライオリティ・パスがあればラウンジを利用できます。

ラウンジはゆったり座れる椅子があり、軽食や飲み物(アルコール類もあり)が充実。

空港で無駄な体力を使わずに済みました。

公式なら年会費9。MUFGプラチナなら無料で発行可能

プライオリティ・パスの申込み方法は、公式ホームページより入会 or クレジットカードに付帯する特典として入会する方法の2種類。

公式からはプランが3つあり、
・年会費$99で1回利用するのに$32かかるスタンダード会員
・年会費$299、10回まで無料でそれ以降は都度$32かかるスタンダード・プラス会員
・年会費$429、何回でも無料のプレステージ会員
となっています。

頻繁に海外旅行する方であれば、年10回以上の利用も珍しくないはずです。しかし、年会費が日本円にすると5万円以上かかるのはちょっと高すぎますね。

しかし、MUFGプラチナアメックスを持っていれば、プレステージ会員の権利が与えられます!!(発行後要申請)

年会費2万円でプレステージ会員になれるんですから、その時点でもうお得ですね。

家族1名分も無料で発行できる!

一人旅なら良いですが、基本的に海外旅行はだれかと行くことが多いのではないでしょうか?

プライオリティ・パスを自分だけ持っていても、同伴者が使えないとあまり意味がありませんね。

プレステージ会員であれば同伴者は$32を払えばラウンジを利用できますが、毎回$32は少し高い。

ですが、MUFGプラチナアメックスであれば、家族1名分なら無料でプライオリティ・パスが発行できます。

というのも、MUFGプラチナアメックスは、家族会員カードが無料で発行可能。

そして、家族会員であっても、プライオリティ・パスのプレステージ会員資格が与えられるのです。

夫婦で旅行される方であれば家族会員カードを発行しておき、2人で空港ラウンジを利用することが出来ます。

関空利用者限定!「ぼてぢゅう」で3400円分の飲食が無料に

これは関西空港の利用者だけに限られますが、空港内にあるお好み焼き店「ぼてぢゅう」で3400円(税込)分を無料で飲食することが出来ます。これは国内線利用時でも使えるので、非常にありがたいですね。

中国渡航の際に便利!銀聯カードも発行可能

急速にキャッシュレスが進む中国。その中国で唯一のクレジットカード国際ブランドが「中国銀聯(UnionPay)」です。

最近では日本でもよく目にするのではないでしょうか。

現在、中国国内では現金よりもキャッシュレス決済が主になっており、以前北京へ行った際も現地の方はほぼ現金を使っていませんでした。

そんな中国で使いやすいのが、この銀聯カード。

MUFGプラチナアメックスであれば、銀聯カードも同時に発行できます。

MUFGプラチナアメックスのデメリット

ポイント還元率がよくない

普通に使っていれば、MUFGプラチナアメックスのポイント還元率は0.5%とあまり良いとは言えません。メインカードとして使うのではなく、あくまでプライオリティ・パスや銀聯カードの保持のために発行するのがよさそうです。

VISAやMasterに比べ、アメックスは使えるところが少ない

日本ではJCBとの連携もあり、アメックスは比較的使えるところが多いですが、海外になるとアメックスが使えるところが限られてきます。

とくに新興国や途上国などでは、使えないところが多く感じます。この点はアメックスのデメリットかと思います。

Apple Payに対応していない

iPhoneであればApple Payを使えば、クレジットカードでの支払いよりも早く決済が終わりますが、MUFGプラチナアメックスは Apple Pay に非対応となっています。

実際に発行してみました

デメリットもありますが、メリットの方が多いと感じ、公式サイトから申し込みました。

申込みからなんと2日で審査通過の連絡があり、その3日後には手元に届きました。

予想以上の速さで驚きました。

銀聯カードはゴールドカードでした!

次の海外旅行はまだ未定ですが、ぜひ使ってみようと思います。

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

コメント