2019GW10連休は中央アジア3ヶ国~準備編~

トルクメニスタン招待状 海外旅行

こんにちは、まーちゃんです。ブログ名で海外逃亡などと謳っておきながら、初記事でホタルについて書いてしまい、主旨がよくわからなくなってますが、、、

直近ではGWの10連休を使って中央アジアのウズベキスタン・トルクメニスタン(トランジットでカザフスタンと北京)に行ってきましたので今回はそれについて書こうと思います。

今回の旅のスケジュール

1日目 4/27(土)
関空9:45→北京12:05 (ANA)

北京トランジット


2日目 4/28(日)
北京5:55→アルマトイ(カザフスタン)9:05 (エア・アスタナ)

乗り継ぎ3h

アルマトイ12:20→タシケント(ウズベキスタン)12:50 (エア・アスタナ)

乗り継ぎ5h

タシケント18:05→ヌクス19:45 (ウズベキスタン航空)

ヌクス泊


3日目 4/29(月)
ヌクス→ムイナク (タクシーチャーター)

船の墓場へ

ヌクス泊


4日目 4/30(火)
ヌクス→ホジェリ(国境)→トルクメニスタン入国→ダルヴァザ(ガイド車で移動)

地獄の門へ

カラクム砂漠にてテント泊


5日目 5/1(水)
ダルヴァザ→国境→ウズベキスタン入国

国境→ヒヴァ

イチャン・カラへ

ヒヴァ→ウルゲンチ空港

ウルゲンチ22:35→タシケント23:55 (ウズベキスタン航空)

タシケント泊


6日目 5/2(木)
タシケント→サマルカンド (タクシー)

レギスタン広場へ

タシケント泊


7日目 5/3(金)
タシケント14:20→アルマトイ16:50 (エア・アスタナ)

乗り継ぎ5h、カザフスタン入国

アルマトイ22:20→北京4:55(5/4) (エア・アスタナ)

空港泊


8日目 5/4(土)
北京14:20→関空18:35 (ANA)

帰国

航空券探し

航空券はいつもスカイスキャナーを使って探しています。

Skyscanner | Find the cheapest flights fast: save time, save money!
Compare millions of flights, as well as car hire and hotels worldwide - for free! Skyscanner is the travel search site for savvy travellers.

まだ1月にもかかわらず、関空発ウズベキスタン行き航空券は20万弱と高騰。。。GWが大型連休なのは日本だけなので、日本の空港から検索すると高い航空券が出てきます。

今回は近くのハブ空港まで出てからウズベキスタン入りを検討。関空ー北京、北京ーウズベキスタンの航空券を別々に取ることで、14万ほどで収まりました。

トルクメニスタンビザ

ウズベキスタンは昨年2月から30日以内の滞在であればビザが不要となりました。問題はトルクメニスタン。こちらはビザが必須で、2種類のビザが存在します。

観光ビザ

観光ビザを発給してもらうためには、現地の旅行会社からの招待状が必須となります。

通過ビザ

『ウズベキスタンからアゼルバイジャンに抜けるためにトルクメニスタンを通りたい!』など、あくまで通過点として入国する場合に発給してもらうビザ。

観光ビザは現地の旅行者に依頼するため結構なお金がかかります。通過ビザの発給は周辺国の大使館で申請する必要があり、発給に5日~2週間程度かかるうえ、審査に必ずしも通るとも限りません。

10連休といえども、ウズベキスタンでビザ発給を待ちぼうけるわけにもいかないので、今回は事前に日本から観光ビザの発給できる旅行社を探しました。

ヒットするのは英語サイトばかり、、唯一見つけた日本語サイト

今回、トルクメニスタンを訪れる目的は、『地獄の門』と呼ばれる巨大ガス噴出孔。ツアーを企画している旅行社はいくつか見つかりますが、すべて英語。TOEIC300点台には厳しいものがあります。汗

しかし、唯一日本語で書かれたサイトを見つけました。どうやらウズベキスタンの旅行社に在籍している、日本語がわかる担当者(Oksanaさん)のブログのようです。

トルクメニスタンDarvaza 「地獄の扉」一泊二日のツアー  2020年
トルクメニスタン現地旅行会社が催行するダルワザ(地獄の門)の一泊二日のツアーです。英語又は日本語ガイドが同行します。お問い合わせは全部日本語で出来ます。 トルクメニスタン、トルクメニスタンツアー、Darvaza、ダルワザ、トルクメニスタンのダルヴァザ、トルクメニスタンのカラクム砂漠地獄の門、トルクメニスタン地獄の門観光...

地獄の門の記事は2013年と古いですが、コメント欄が最近まで機能していたので、記載されていたメールアドレスにツアーの依頼を日本語で送信。

数日で返信があり、ツアーを組んでいただけることとなりました。

トルクメニスタン招待状の発行

パスポートのスキャンやExcel様式のアンケートなど、色々なデータをやり取りし、約1ヶ月で招待状が届きました。

これを見ると、ウズベキスタンの旅行社からトルクメニスタンのOWADAN旅行社に依頼していたようですね。なんにせよ個の招待状発行まで日本語でスムーズにやり取りできました。

こちらが招待状。今回はクフナウルゲンチから入国し、ダショウズから出国するよう手配してもらいました。

これでヌクスを観光→トルクメニスタン観光→ヒヴァ観光をスムーズに回ることができるようになりました。

ウズベキスタン国内線

トルクメニスタンビザの発給がほぼ間違いなく可能となったところで、ウズベキスタン国内線を予約。
この予約に関してはExpediaを利用しました!
タシケント-ヌクス、ウルゲンチ-タシケントをそれぞれ片道予約。合わせて1万程度でした。

SIMカード


調べると現地空港にSIMカードが売ってないとのことで、日本からポケットWi-Fiを借りるか迷っていましたが、こんな商品を見つけました。

ご迷惑をおかけしています!

プリペイド式のSIMカードで、アプリから必要額をチャージして使用できます。1日単位や、使った分だけ請求されるプランなど様々選べます。

アプリの画面はこんな感じ。ここからプランを選んで使用します。
今回の旅では主に1日定額を使っていました。


使用可能地域はEUメインですが、ウズベキスタンも接続可能!

1000円程で買えますが、7ユーロがあらかじめチャージされており、ほとんど初期投資はかかりませんので大変オススメです。

ウズベキスタン国内の主要都市では大体使用可能でした。

VPN


北京でのトランジットは10時間ほどあるので市内に出る予定としました。
中国国内ではGreat Firewall(金盾)というアクセス規制システムによりLINE等連絡手段がシャットアウトされます。
今回は成田発の友人と現地集合する際に連絡を取り合う必要があったため、VPNに登録しておきました。

今回使用したのはプラネットVPN』です。

VPNを中国で無料お試し体験-簡単接続-【プラネットVPN】
【1週間 無料体験可】Facebook、Youtube、Gmailを、毎日チェックしたい!そんなあなたへ。 プラネットVPN!まずは「無料体験」で1週間、お試しください!簡単設定で深夜、週末、休日問わず、24時間いつでもすぐにVPNが御利用頂けます。


1週間無料お試しが可能で、期限が終われば自動で解約してくれます。前回北京に来た時はセカイVPNを使いましたが、こちらは自分で解約手続きをしなければならなかったので、その手間が省けます。
接続に関しても全く問題ありませんでした。

以上で一通りの準備終了です!北京トランジット編に続きます。

コメント