【2020年 ホタル】香川県内にてゲンジボタル観測

ホタル

5月下旬になり、昼間は気温が30度近くになる日も増えてきました。

今年もそろそろホタルが飛び出すシーズンかなと思い、5月23日(土)の夜、見に行ってみました。

※香川県では、5月14日に緊急事態宣言が解除された際、「県外への往来自粛は継続するが、県内での外出自粛はしない」ことが発表されています。
今回はマスク着用を徹底し、3密とならないよう撮影を行いました。

今回は高松市塩江方面へ。
ネットでも検索すればすぐに出てきますが、高松市の南部に位置する塩江地域ではホタルが有名で、夏にはホタル祭りというイベントも開催されています(今年はコロナにより中止が決定)。

昨年、ホタルの乱舞が見られた場所へ行ってみました。詳細な場所は生息域保護のため伏せさせていただきますが、塩江地域からさらに少し北東に向かったところです。

到着したのは夜20時頃でしたが、飛んでいたのは10匹ほどでした。去年のピーク時に比べるとまだまだ少ないといったところですね。
この時の気温は約18度。個人的には20度前後がベストコンディションかなと思っているので、少し気温は低めでした。

1分間シャッターを開けて撮影してみました。比較明合成で5枚ほど重ねたのが下の写真。

こうすると結構飛んでいるように見えますね。。。

香川県のホタルシーズンは6月に入ってからのようです。今週、来週末もホタル探しに行ってみたいと思います。

なお、ホタルは自分よりも明るいものが苦手です。照らすのはやめてあげてください。
ケータイのカメラでフラッシュを焚いて写真を撮っている家族連れなどをよく見かけるのですが、本当にやめてほしいと思います。シャッター速度を調節できるカメラでないとまともに写りません!
暗闇なので足元確認のため多少の懐中電灯を使うのは仕方ないことかもしれませんが。。。

見に行かれる皆さんは注意してくださいね。

以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント